six factory

2017.03.23 柳本浩市展 “アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの”

2012.10.04 アーカイブをアップしました

2012.08.02 ご来場ありがとうございました

2012.07.26 “Olivetti”Special Party 予約状況のお知らせ

2012.07.10 “Olivetti Graphic Design Exhibition” Special Party !

2009.11.30 アーカイブをアップしました

2009.11.05 ご来場ありがとうございました

2009.10.23 タイムテーブル発表

La soirée de six factory

シックスファクトリーでは、そのときどきの偶発的なできごとをきっかけに、イべントを開催しています。

six factory holds events at any given time, in the wake of a chance encounter.

イべントは不定期に開催しています。開催情報については、デルフォニックスやシックスのメールマガジンでお知らせいたします。ご興味のある方は、ご登録ください。

Our event is held at random times. We inform the detail in the e-mail newsletter of DELFONICS and six. Please register if you are interested.

Open

Close

2017.03.23

柳本浩市展 “アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの”

koichi_yanagimoto

会期:2017.04.29 sat-2017.06.04 sun
開場時間:12:00-18:00
会場:six factory 東京都目黒区八雲3-23-20 MAP
※会場は、「アカギ」という大きな看板が出ている会社の隣にあり、同じ敷地内の建物になります。
※駐車場はございませんので、あらかじめご了承ください。

入場料:一般500円、大学生200円(学生証提示)、高校生以下無料
Facebook:facebook

2016年3月に46歳で急逝された、デザインディレクター、柳本浩市氏を追悼する展覧会「柳本浩市展」“アーキヴィスト ー 柳本さん が残してくれたもの”を、six factoryにて開催いたします。

柳本浩市氏は、2002年に出版やプロデュースを行う自身のレーベル Glyph.(グリフ)を立ち上げ、Glyph.名義での出版や、企業との商品開発、展覧会のプロデュースなどで多くの実績を残しました。同時に多様なジャンルの収集家として知られ、その収集物が展覧会や各種媒体で紹介されるなど、価値の高さが広く認められていました。膨大な知識の持ち主でもあり、収集物と知識を生かしたいっそうの活躍が期待されていました。
本展では、柳本氏をアーキヴィスト(ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイヴをつくり、未来へ発展させていく人) として捉え、彼の遺品を通してその思想と活動を伝えていきます。

会場では、柳本浩市氏が自ら作成し、自宅に保管していた資料ファイルを公開。来場者は実際に手に取って貴重な内容を見ることができます。そこには 多様な領域の記事や文献とともに、伝説的エアライン「ブラニフ」や過去のオリンピック関連の印刷物なども含まれています。

また、世界各国のスーパーマーケットや郵便局などで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなども展示し、様々なアイテムを図書館のように分類と関連性をもって展示します。 また本展に合わせて冊子「YANAGIMOTO KOICHI, ARCHIVIST」(2000部限定)を製作し、「ファイリング」「トラベル」「ポストモダン」などのいくつかのキーワードを手がかりにアーキヴィストとしての柳本浩市氏の功績を紹介します。 故人を追悼するとともに、その活動の意図がいかに未来に向けられていたかを考察していきます。

主催:柳本浩市展実行委員会(中原慎一郎/ランドスケーププロダクツ、佐藤達郎/デルフォニックス、小林恭+マナ/設計事務所ima、横川正紀/ウェルカム、郷古隆洋/Swimsuit Department、土田貴宏、熊谷彰博ほか)
協力:株式会社 良品計画
キュレーション:熊谷彰博
会場構成:小林恭+マナ/設計事務所ima
メインビジュアル:野口孝仁/Dynamite Brothers Syndicate)
編集協力:上條桂子、加藤孝司
企画協力:まほうの絵ふで、Glyph.
会場内グラフィック:田部井美奈
PR:小池美紀/HOW INC.

Open

Close

2012.10.04

アーカイブをアップしました

0926_archive

“Olivetti Graphic Design Exhibition” Special Party ! の模様をイベントアーカイブにアップしました。どうぞご覧ください。

Open

Close

2012.08.02

ご来場ありがとうございました

olivetti special party

“Olivetti Graphic Design Exhibition” Special Party ! は、大盛況のなか終了いたしました。
ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
観て、食べて、聞いてオリベッティを感じられる、盛りだくさんの内容のイベントとなりました。
イベントの模様は、また改めてご報告いたします。
six factoryでは、今後も様々なイベントを行ってまいります。ぜひご期待下さい。

Open

Close

2012.07.26

“Olivetti”Special Party 予約状況のお知らせ

olivetti special party

今週末開催の”Olivetti Graphic Design Exhibition”スペシャルパーティのお席が残りわずかとなっております。
当日券はございませんので、事前にご予約が必要です。ご興味のある方はぜひお見逃しのないよう、お早めにご予約ください。

ご予約:kinoiglu@hotmail.com
件名を「オリベッティ」として、お名前、人数、連絡先をお願いします。

予約状況はこちらをご覧ください。

Open

Close

2012.07.10

“Olivetti Graphic Design Exhibition” Special Party !

olivetti special party

2012.07.28 sat
第一部 open 14:00 / start 14:30
第二部 open 17:30 / start 18:00

定 員:各回50名
入場料:2,500円(1food/1drink付き)
場 所:six factory 
東京都目黒区八雲3-23-20 MAP

上 映:キノ・イグルー
フード:山フーズ
トークショー:中村恒夫(noax代表)×
伊藤弘(groovisions代表)×佐藤達郎(DELFONICS代表)

デルフォニックス渋谷ギャラリーで開催中の「Olivetti Graphic Design Exhibition」と連動した、スペシャルパーティを開催します。

テーマは“オリベッティを楽しむ!”。
山フーズによる“赤と黒のFOOD”は、タイプライター「Valentine」をイメージしたもの。おいしい香りで皆様をお迎えします。
移動映画館キノ・イグルー厳選のオリベッティCM集+レアな映像を上映。
さらにオリベッティに造詣が深い3名をお招きしたトークショーも開催。
会場ではオリジナルプリントのポスターやグッズを販売いたします。

ご予約:kinoiglu@hotmail.com
件名を「オリベッティ」として、お名前、人数、連絡先をお願いします。

Open

Close

2009.11.30

アーカイブをアップしました

1130_archive

“a factory with a view”の模様をイベントアーカイブにアップしました。
画像と映像の両方でお楽しみいただけます。どうぞご覧ください。

Open

Close

2009.11.05

ご来場ありがとうございました

1105_end

Calm×DELFONICS presents “a factory with a view”ライブイベントは、大盛況のなか終了いたしました。
ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
当日はさわやかな秋空に恵まれ、夕暮れから夜へと移り変わるsix factoryの雰囲気とCalmのサウンド、そしてお客様とが一体となった最高のライブパフォーマンスとなりました。イベントの模様は、また改めてご報告いたします。

six factoryでは、今後も様々なイベントを行ってまいります。ぜひご期待下さい。

Open

Close

2009.10.23

タイムテーブル発表

1023_timetable

いよいよ開催を来週に控えた “a factory with a view” ライブイベントの、タイムテーブルを発表いたします。
当日は、2部構成のCalmライブの間に、DJタイムを3セット設けた、たっぷり長時間の内容となります。

夕暮れ時スタートの1部目と、サンセット後の2部目、光と空気の変化に合わせて音楽の内容も変え、それぞれ違う表情のCalmサウンドを存分にお楽しみいただけます。当日のご都合に合わせて1部目だけ見て帰ることも、2部目からの途中参加もしていただけます。

Calm×DELFONICSライブイベントへのお越しを、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

≪ a factory with a view タイムテーブル ≫

14:30~ チケット引き換え開始
15:30~ OPEN/START DJ Tatsuro Sato
16:30~ LIVE Calm 1st Stage
18:00~ DJ Tatsuro Sato
19:00~ LIVE Calm 2nd Stage
20:30~ DJ Calm
21:30~ CLOSE

Open

Close

2009.10.06

Calm×DELFONICS 限定CD発売

1006_cd

“a factory with a view”開催に先駆けて、Calm「Blue Planet」「Silver Moon」収録の2枚組CDを販売いたします。
DELFONICSリネン張り仕様、10インチサイズの限定パッケージとなります。

DELFONICS各店では7日より先行発売を開始、Smith各店では11日より販売いたします。
完全限定枚数となっております。
ぜひこの機会に、Calmサウンドをお楽しみください。

Calm『Blue Planet/Silver Moon』 (2CD)
DELFONICS RECORDS DLFCD-001/002 3,675円(税込み)

Open

Close

2009.09.15

Message from Tatsuro Sato

Tatsuro Sato (DELFONICS)

Calmがデビューした十数年前、six自由が丘やその近くのショップのスタッフたちとの間で、ちょっとした流行りのようになったことがあった。
僕もその音楽に、新鮮な気持ちで魅かれていったのを今でも思い出す。

「これいいな。個性もあるし、どこか新しい感じがする。自分の心地よさの琴線に触れてくるところがある。この人となにかが共有できてる気がする。いったいどういう人が曲を作っているんだろう。いつか会って話を聞いてみたいなぁ。」
一方的な気分ではあったけど、ファーストインプレッションはそんな感じだった。

しかし名前はCalm(カーム)。
外国人なんだか、日本人なんだか、グループなのかソロなのか、皆目見当がつかなかった。
その実像はよくわからず、それでも新譜がでるごとに手に入れては聴いていた。
ただ純粋にCalmの音楽を楽しんでいたのだ。

最近になって、やっと日本人であること、ソロであることを知り始めた矢先のことだった。
友人のライターと事務所で打ち合わせをしていたとき、無造作に僕のデスクに置かれているCDジャケットを指さして、含みをもたせつつ言った。

「佐藤さん、Calmとかって聴くんですか?」
「聴くもなにもデビューしたころから好きで、アナログも買ってたしCDもだいたい持ってる。見たこともないし、どういう人かまったく知らないんだけど、密かなファンだよ。」
「じゃあ、今度紹介しますよ。」
出会いは意外にも簡単なきっかけで果たされることとなった。

初めて出会ったCalmは、芯には強いものを内包しながらも、謙虚でナチュラルな空気感が漂っていた。
そしてとても穏やかな人だった。

Open

Close

2009.09.15

Message from Calm

0915_calm

サウンドクリエーターCalmとデルフォニックスのデザインディレクター佐藤達郎、そしてsix factoryとの出会い。”a factory with a view”開催に向けたそれぞれの想いを伺いました。

Calm

人が生きていくには必要不可欠なのが空気。
その空気の中には、ときには人を不快にさせるものが混入していたり、ときには何か悪い雰囲気を感じ取ったりする場合がある。よく「気」と表現されるものだ。
あまりスピリチュアルなことが分かったりする人ではないけれど、このsix factoryに初めて行ったとき、この場所の心地よい空気感〜温度〜光を感じることが出来た。
そんな素晴らしい「気」を感じ取れた。

簡単にライブを行えるのは、通常はライブハウスやクラブなど、必ずと言ってもいいぐらい閉鎖的な空間だ。
今回はそういった類いの場所でのワンマンはやりたくなかった。
自分たちの企画なんだから、自分たちが納得する場所でやりたかった。

そしてついにDELFONICSとの出会いがあった。きっと機が熟したんだろう。今が神様がくれた「そのとき」なんだと思う。

陽は刻々と変化する。
夕方〜サンセット〜そして夜と自然の光を感じながらライブが出来る。
まさに我々が望んでいた場所、それがsix factory。

ライブ自体ものびのびと。
ゲスト参加するライブとは違って、時間の制約など何もないので、自分たちの気が済むまで、夕方と陽が落ちてからの光の流れを見ながら2セット。
時間軸のサウンドトラック。

最高の音響と最高のデコレーション/照明、最高のフードに最高のスタッフ。
大きな不安は全くなく、大きな期待でドキドキしている‥‥‥まるで遠足前の子供のように。

今思えば恵比寿ガーデンホールではまだまだ子供だった。
今やっと独り立ちできたかもしれない。
そんなライブを是非皆さんと分かち合いたい。

Open

Close

2009.09.01

Calmライブイベント開催決定

サウンドクリエーターCalmとDELFONICSのコラボレート企画により、10月31日(土)、一夜限りのライブイベントの開催が決定しました。

陽の傾きはじめる夕暮れ時と、サンセット後の夜の雰囲気のなかで行われる2ステージ。陽の光と空気の変化を肌で感じながら、Calmのサウンドに身をゆだねて、ゆっくりと移ろう時間をお楽しみください。